2012年09月26日

いつの間にか夏も終わり・・・

夏の間、ブログから遠ざかっていた。

仕事に追われ、子供に追われ、暑さに追われ・・・

いつの間にか、秋風も吹き、朝晩が寒いくらいの季節になった。

今でも夏の余韻の仕事が目白押し。

追われる気持ちは変わらないけれど、季節の変わり目と共に

色んなことがしたくなる。

まづ手始めにブログの再開。

ちょっと落ち着いていろんなこと振り返ってみたくなる・・・って所でしょうか。



先週の土曜日、うちの塾で福岡から現役の先生「香葉村真由美」先生をお呼びして

『心の授業』なる講演会をやった。

お昼に岐阜へ着いたので、先生と塾長と3人でご飯を食べ、2時間ほど語った。


『本気』・・・沢山のことをお話したが、どんな話題でも

最後先生の言葉は、「本当に自分のできることを全てやったのか?」

に行き付く。やんちゃをした子にとことん向き合う。

「どうしてそこまで常に熱くなれるのか?」と問うた答えが

「だって、その子は本当はしたくてそういう悪いことをしたんじゃない。

 きっと、そうゆう行動にさせた何かがあるはず!って思えるから。」と。



性善説、というより《子供を信じる力》とでも言おうか。

話している間中、香葉村先生のゆるぎない信念と愛情を感じた。



これだ!って感じた。

伝え方がどんなに下手くそでも、どんなに喧嘩越しになっても、

子供に対する「愛情」と「信じる気持ち」をもって逃げずに「対峙」する。

そうすれば、その子に一番いい方向に道は進んでいく。



「想い」は必ず相手に伝わる。

自分の「本気度」が100%ならば。ねぴかぴか(新しい)
posted by kiminotubone at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。